個人輸入の代行

色々な種類がある

一昔前であれば、治療薬を個人的に海外より直輸入して利用するという人もいたりしました。
海外の薬を輸入する理由はいくつかあります。
例えば、治療薬の基準が海外と日本では違っています。海外では当たり前に利用されるようになっている治療薬も、日本では処方してもらうこともできなかったりするのです。
その理由となっているのが、認可基準の高さです。
日本は治療薬認可の基準が非常に高く、万全のチェックを行ったうえで初めて認可されるというようなシステムになっています。
ですから、認可までに非常に長い時間がかかり、上記のような状況になってしまっていたりするのです。
逆に言えば、厳重なチェック体制が敷かれている日本で認可されている治療薬であれば、安心して利用することができるといえるでしょう。

そんな日本では認可されておらず、海外では認可されているような治療薬を手に入れる手段としてあるのが個人輸入なのです。
海外から直接輸入すれば、日本で認可されていない治療薬を使うことができます。もちろん、輸入するのが利用する本人である、一度に輸入できる量も決まっているというように様々な制約はありますが、この方法を利用すれば様々な種類の治療薬やアフターピルを手に入れられるのです。
しかし、この個人輸入には非常に高いハードルがいくつもあり、実際に利用できる人は非常に少なかったのです。
そうしたことから登場したのが、個人輸入を代行するサービスなのです。